next

笛井事務所第9回公演 愛の眼鏡は色ガラス

 

 

作               安部公房 

演出          山崎洋平(江古田のガールズ)

日程          2017年9月15日(金)~17日(日) 

劇場  あうるすぽっと

助成      芸術文化振興基金

 

出演  埜本幸良(範宙遊泳) 木場允視(文学座) 

                    池田のぞみ ナカムラユーキ 立花諒 

                    玉川龍星 高橋初香(ザレ×ゴト) 宮下泰幸

    佛淵和哉 佐野剛(江古田のガールズ)

    武島龍児 後藤祥子
    
藤川三郎(文学座)奥村飛鳥

「愛の眼鏡は色ガラス」は1973年に発表され、渋谷西武劇場のオープニング記念公演

として安部公房スタジオにより初上演されました。

安部公房らしい巧みな台詞と社会風刺によって作品は高々と主張を叫び、彼の戯曲の

中でも最もエキセントリックであると言っても過言ではありません。

正気と狂気、嘘と真、理想と現実 ―――― 当時から40年超の時を経て、様々な

テクノロジーを手に入れた現代社会の中でも今なお不安定に漂う人間の本質とは何か。

“娯楽の女王  江古田のガールズ”を率いる山崎洋平が安部公房作品に初挑戦!

実力派俳優たちと共に創るエッジの効いた安部公房作品を掲げて笛井事務所が

あうるすぽっと初進出です。

【あらすじ】

正気と狂気が交差する精神病院。患者たちは

それぞれの問題と向き合い、医者らも患者と

向き合う。その姿は一見普通の病院の様だが、

彼らには“あるべき境”が無かった。

 医者のような患者、患者のような医者、

正気を演じる者、狂気を演じる者。

まるで社会のブラックホールのような空間へ

突然全共闘の学生が入り込んで来たことで

常識は形を変え始める。